このウェブサイトは、京都市ごみ減量推進会議 平成24年度市民公募型パートナーシップ事業助成金を受けて作成しました。

ホーム > 蛍光管リサイクル協会について > よくあるご質問(協会について)

よくあるご質問(協会について)

1 蛍光管リサイクル協会の活動エリアは?

 蛍光管リサイクル協会の事務所は京都市内にありますが、その活動エリアについては、法的にも、蛍光管リサイクル協会の定款のうえでも、とくに制限はありません。したがって講師派遣もふくめた啓発活動はどこでも条件があれば行うことができます。ただし、よくあるご相談のひとつの「蛍光管リサイクル協会の中小事業者むけの共同回収に参加したいが、京都市以外でもよいのか」ということについては、共同回収の経済的合理性ということから、現在は京都市内での活動にしぼらざるをえないのが実情です。京都市以外で共同回収参加者がある程度まとまるならば、具体的に検討することができるかもしれません。また、京都市以外の蛍光管処理業者を紹介してほしいということであれば、ご相談にのりますので、お知らせください。

 

2 正会員と利用会員の違いは?

 蛍光管リサイクル協会の会員には「正会員」と「利用会員」があります。「正会員」は、蛍光管リサイク協会の運営、事業に参画していただきます。具体的には、総会での議決権をもち、意見を述べ、事業計画の決定に加わってもらいます。また、役員を推薦いただくこともあります。これに対し「利用会員」は、決められたルールのなかで蛍光管の共同回収に参加いただく会員ということです。会員としてご負担いただく会費の金額も「正会員」と「利用会員」では異なっています。現在、「正会員」は一口10,000円(何口でも可)、「利用会員」は一口3,000円(何口でも可)ということになっています。蛍光管リサイクル協会の収入は会費収入が基本ですので、こんご、事業規模のひろがりにともない事業経費が大きくなるような場合、複数口をお願いせざるをえないこともありうることですが、その取扱いは蛍光管リサイクル協会の総会で決定されることになります。

▲このページのトップへ戻る


Copyright © 2012–2017 蛍光管リサイクル協会 All Rights Reserved.
〒604-0847 京都市中京区烏丸通二条下る秋野々町529番地 ヒロセビル内 TEL/075-255-2503 FAX/075-251-1003