このウェブサイトは、京都市ごみ減量推進会議 平成24年度市民公募型パートナーシップ事業助成金を受けて作成しました。

ホーム > 蛍光管リサイクル協会について > 蛍光管リサイクル協会とは

蛍光管リサイクル協会とは

● 京都での社会実験からのスタート

京都では、オフィスビルから排出される蛍光管の分別排出・回収実験が、2006年度から行われてきました。

● 一般社団法人蛍光管リサイクル協会が発足

2010年10月1日、社会実験の成果を踏まえて、一般社団法人蛍光管リサイクル協会を設立しました。設立目的は「蛍光管の適正処理・再資源化のシステムづくりをめざす」というもので、蛍光管適正処理・再資源化にかかわる情報提供や調査研究、オフィスビルなどから排出される蛍光管回収業務の連絡調整などの事業をおこないます。

● 組織の概要

名 称: 一般社団法人蛍光管リサイクル協会
事務所: 〒604-0847
京都市中京区烏丸通二条下る秋野々町529番地
ヒロセビル内
事 業: 蛍光管の適正処理・再資源化のためのシステムづくりをすることを目的とし、次の事業をおこなう。
(1)蛍光管の適正処理・再資源化に関わる情報提供・教育啓発
(2)蛍光管の適正処理・再資源化に関わる調査研究と提言
(3)オフィスビル等から出される蛍光管の回収業務の連絡調整
(4)家庭から排出される蛍光管の地域回収の連絡調整
(5)前各号に掲げる事業に付帯又は関連する事業
代表者: 代表理事 原 強(NPO法人コンシューマーズ京都理事長)
連絡先: TEL/075-255-2503 FAX/075-251-1003
E:mail/kyoto@keikoukan.com
理事会設置法人に関する事項: 理事会設置法人
監事設置法人に関する事項: 監事設置法人
取引金融機関: ・京都銀行三条支店(121)普通預金口座4195778
口座名義:一般社団法人蛍光管リサイクル協会
代表理事 原 強
・郵便振替口座00940-8-327884
加入者名:一般社団法人蛍光管リサイクル協会

 

 蛍光管は「家庭からでるやっかいなごみ」の代表格のものです。われやすい、かさばる、さらに水銀が微量ながら使用されている、ということで、蛍光管をごみとしてだす消費者にとっても、一般廃棄物として収集にあたる自治体としても取り扱いに困っているものです。他方で、事業所から出される蛍光管についてもかならずしも適切な処理がされているとはいえない状態があります。
一般社団法人蛍光管リサイクル協会は、このような状態をふまえて、蛍光管の適正処理・再資源化のシステムづくりをめざし設立されたものです。

▲このページのトップへ戻る


Copyright © 2012–2017 蛍光管リサイクル協会 All Rights Reserved.
〒604-0847 京都市中京区烏丸通二条下る秋野々町529番地 ヒロセビル内 TEL/075-255-2503 FAX/075-251-1003