このウェブサイトは、京都市ごみ減量推進会議 平成24年度市民公募型パートナーシップ事業助成金を受けて作成しました。

ホーム > お知らせ > パンフ「水銀使用製品は新ルールで適正処理へ」ができました

パンフ「水銀使用製品は新ルールで適正処理へ」ができました

  • 2018/08/23 (木)

蛍光管リサイクル協会は、このほど、京都市ごみ減量推進会議助成事業のひとつとしてパンフ「水銀使用製品は新ルールで適正処理へ」を作成しました。「水銀に関する水俣条約」にともなう国内対策として水銀使用製品廃棄物の適正処理の課題が掲げられていますが、このパンフでは蛍光管をはじめとする水銀使用製品について、家庭からでるもの、事業所からでるものを区分し、それぞれ新ルールにしたがい適正処理する必要があることを強調しています。また、「水銀リサイクル処理システム」や蛍光管リサイクル協会がコーディネートする蛍光管の共同排出システムについても絵解きしています。パンフは2000部作成し、京都市ごみ減量推進会議会員などへの組織的な配布をおこなうとともに、茨木市での講座(8月27日)、京都での蛍光管フォーラム(9月11日)において資料として配布・活用されます。このホームページにも掲載し、ご覧いただけるようにしています。ご活用いただければ幸いです。

▲このページのトップへ戻る


Copyright © 2012–2018 蛍光管リサイクル協会 All Rights Reserved.
〒604-0847 京都市中京区烏丸通二条下る秋野々町529番地 ヒロセビル内 TEL/075-255-2503 FAX/075-251-1003