日本も水銀条約締結へ | 蛍光管リサイクル協会

このウェブサイトは、京都市ごみ減量推進会議 平成24年度市民公募型パートナーシップ事業助成金を受けて作成しました。

ホーム > お知らせ > 日本も水銀条約締結へ

日本も水銀条約締結へ

  • 2016/02/04 (木)

2月2日、日本も「水銀に関する水俣条約」の締結を行うことが閣議決定されました。これをうけて同条約の受託書を国連に提出し、締約手続きが完了することになります。この条約についてはこれまでに22ケ国が締結済みであり、日本は23番目の締約国になります。条約は50ケ国が締結することで発効することになります。今年から来年にかけて発効する見込みだと伝えられています。このことにより、いよいよ国内対策の展開が重要になります。環境省ではさまざまな検討をすすめており、家庭から排出される水銀使用廃製品にかかわり「飛散・流出防止」「分別回収」「焼却処理防止」など「水銀使用廃製品の分別回収ガイドライン」を提示するなどして各市町村の取組み促進を求めています。また、産業廃棄物のなかの水銀使用廃製品についても取扱いルール整備の検討をすすめています。

▲このページのトップへ戻る


Copyright © 2012–2018 蛍光管リサイクル協会 All Rights Reserved.
〒604-0847 京都市中京区烏丸通二条下る秋野々町529番地 ヒロセビル内 TEL/075-255-2503 FAX/075-251-1003