このウェブサイトは、京都市ごみ減量推進会議 平成24年度市民公募型パートナーシップ事業助成金を受けて作成しました。

ホーム > 2013年01月

2013会員募集中

  • 2013/01/06 (日)

蛍光管リサイクル協会では、確実に低コストで適正処理できる「蛍光管共同排出システム」づくりをすすめています。このシステムでは、会員事業者を対象に年2回程度の「共同排出日」をつくりますので、それまで分別・保管された蛍光管をこの日にあわせて排出していただきます。回収には蛍光管処理業者の共同収集車が巡回回収にあたるというものです。
現在、2013年度会員事業者募集中です。趣旨にご賛同いただくみなさまに入会いただき、蛍光管の適正処理・再資源化に向かってごいっしょに活動をすすめてまいりたいと思いますので、みなさまの積極的なご参加をお願いいたします。
<ご連絡・お問い合わせは下記まで>
〒604-0847 京都市中京区烏丸二条下る ヒロセビル コンシューマーズ京都内
一般社団法人蛍光管リサイクル協会
TEL075-251-1001 FAX075-251-1003

2013年ー水銀条約の締結に向かって

  • 2013/01/04 (金)

2013年をむかえました。ことしはこの間の交渉をうけて水銀条約が締結されることが予定されています。伝えられるところでは、2月のUNEP理事会で条約案がまとめられ、この秋、日本で開催される会合で条約が調印されるとのことです。今回の条約では、水銀の国境を越える移動規制をはじめ、水銀含有製品の生産・流通・廃棄に関する規制、水銀の保管に関する取り決めなど、さまざまなことが合意される見込みです。これをうけて国内対策も順次整備されていくことでしょう。その際、蛍光管の適正処理・再資源化の課題はとても重要な政策メニューになると思われます。このようなことから蛍光管リサイクル協会の役割もあらためて重要になるものと思います。みなさまのご協力で活動の輪がひろがっていくようにがんばりたいと思います。よろしくお願いします。

▲このページのトップへ戻る


Copyright © 2012–2019 蛍光管リサイクル協会 All Rights Reserved.
〒604-0847 京都市中京区烏丸通二条下る秋野々町529番地 ヒロセビル内 TEL&FAX/075-255-2503