このウェブサイトは、京都市ごみ減量推進会議 平成24年度市民公募型パートナーシップ事業助成金を受けて作成しました。

ホーム > 資料箱 > レポート > 家電販売店と協働で蛍光管の適正処理システムづくりをめざす

家電販売店と協働で蛍光管の適正処理システムづくりをめざす

環境省平成17年度エコ・コミュニティ事業

家電販売店と協働で蛍光管の適正処理システムづくりをめざす
事業報告書

 

『環境省平成17年度循環型社会形成実証事業』として
2005年12/15~31までの17日間、蛍光管の回収事業にとりくみました。

 

蛍光管を回収します!?

A 事業の概要
B 事業の報告
1 事業の背景
2 本事業での取組
(1)蛍光管回収の実施
(2)アンケート調査の実施
(3)啓発活動の実施
3 事業の成果と分析
(1)蛍光管の適正処理とコスト負担の仕組み
(2)蛍光管の法的な位置づけをめぐって
(3)提言
C 参考資料
1 蛍光管の発光原理と水銀の毒性について
2 他の自治体の動向について
D その他諸資料
1 事業実施計画書
2 アンケート集計結果

事業報告書PDFファイル▶▶

▲このページのトップへ戻る


Copyright © 2012–2018 蛍光管リサイクル協会 All Rights Reserved.
〒604-0847 京都市中京区烏丸通二条下る秋野々町529番地 ヒロセビル内 TEL/075-255-2503 FAX/075-251-1003